MENU

 35歳、小学校教師をしています。薄毛が気になったのは、30歳を過ぎたころからでした。特に頭頂部の分け目のあたりが薄くなってきて、分け目を横にずらしてみた時と比較すると明らかに髪の毛の量が少なくなっていました。

 

 小さいころから同じ分け目で、しかも、高校生くらいまで二つ結びにしていたので頭頂部から横に引っ張っていたことも思い返すと原因の一つだったのかもしれません。分け目がかなりくっきり見えるような状態で、目立ってしまっていました。女性で、こんなに頭頂部が薄いというのは恥ずかしさもあり、何とかしなくてはと生活習慣を見直しました。

 

 実際に取り組み始めたのは32歳のころからです。私が、取り組んだのは、食生活です。仕事が大変忙しく毎日疲れて帰宅するので、いつも夕飯は買ってきたお弁当とか惣菜など、下手すると食べずに寝てしまうこともあり、髪の毛に必要な栄養もしっかりとれていなかったと思ったからです。

 

 髪の毛の主な成分はたんぱく質で、髪の毛の成長には亜鉛やミネラルも欠かせないということで、植物性のたんぱく質である豆製品をたくさん食べるようにしました。みそ汁は毎晩作りましたし、納豆や豆腐も冷蔵庫も常備しました。納豆や豆腐はそれだけで食べられるので、どんなに忙しくても楽に用意できてとても便利でした。

 

 また、ミネラルを多く含むということで苦手だったレバーを食べました。ピーマンと炒めたり、甘辛くしたりすることで何とか食べられるようになりました。さらにビタミンA豊富な緑黄色野菜やビタミンBには頭皮の血行を促進させて、代謝をよくする効果があるのでお肉は豚肉を食べるようにしました。脂っこいものは頭皮の血流を悪くさせてしまい毛の順調な成長を妨げるということで、揚げ物は控えるようにしました。

 

 実際に、料理を作るのは時間の余裕もないなかで大変ではありましたが、栄養バランスの取れた食事をしたことで、体の調子はとても良くなりました。問題の薄毛に関しては、なかなか効果を実感することができなかったのですが、半年ほどたったころから髪の毛の質が変わりました。

 

 女性らしいなめらかな髪質になり、全体的にふんわりしたことで、それまでほど薄毛も気にならなくなりました。また、一番気になっていた頭頂部に関しては食生活の見直しをしてから1年ほどたったころから、少しずつ毛が生え始めました。

 

 最初の頃ちょびちょびと生えてきて、つんつんと立ってしまっていたのでそれはそれで恥ずかしさもありましたが、分け目が目立たなくなってきたので効果は得られたと思います。かなり長期戦にはなりますが、食生活を見直して良かったと思っています。