MENU

 29歳専業主婦です。薄毛になったのは28歳の産後の時で、状態は頭の上がかなり薄くなり、旦那に目立つと言われる程でした。

 

 私が取り組んだ生活習慣は女性ホルモンに良い大豆製品を積極的に摂取すると共に、睡眠時間をなるべく確保するというものでした。あまり食事に大豆製品は今まで取らなかったのですが、煮豆や豆乳を料理に取り入れるようにして毎日摂取し、睡眠時間は家事を工夫して短時間にし、赤ちゃんと一緒に寝る時間を増やすようにしました。

 

 すると2 ヶ月後位から少しずつですが、お風呂で抜ける髪の量が目に見えて分かる位減って、髪だけじゃなく肌も肌つやが良くなってきました。効果が出てくると嬉しくて、今度は食事に海産物も取り入れるようにしました。

 

 海産物はワカメ、もずく、海苔などを和え物や味噌汁にいれました。食事を見直すだけじゃなく、食べず嫌いだった物も美味しくとれるようになり食事も楽しめるようになりました。食事がバランス良く意識するようになってからというもの便秘も改善し、疲れにくい体になりました。

 

 髪だけじゃなく、体全体に栄養が行き渡っていたのかと思います。睡眠も髪にとって大事だと聞いていたので少しの時間も積極的に寝るようにしたのが良かったかと思います。食事は時間がとれなくて色々作れないという方もいると思います。私も専業主婦とはいえ赤ちゃんの育児でそこそこハードな生活でしたから大変でした。別に難しい物や時間がかかる事をする必要はありません。

 

 私は豆乳を色々アレンジして飲むようにしてました。例えば豆乳ココアです。寝る前に豆乳をチンしてココアを混ぜるだけです。寝る前に温かい物を飲む事で睡眠にも効果がありました。あとは、豆乳シチューやクラムチャウダーなどスープ系の煮込み料理なんかにも積極的に入れてました。流行りのスムージーも作りましたよ。睡眠はめぐりずむの蒸気の温熱シートを使って短時間睡眠してたのですが、短時間でも目の奥が温まって血行が良くなりスッキリして寝るのには欠かせませんでした。

 

 なければホットタオルを使ってました。私が試したものはどれも簡単に出来るものばかりです。髪に良いトリートメントやオイルなどたくさん出ていますが、やはり髪を作っているのは体ですから、体が取り入れる栄養素、すなわち食事を改善する事と休息が一番の薄毛改善の近道だと私は思っています。自分にとって生活に取り入れ易い事から始めると良いかと思います。