MENU

現在33歳、主婦でアルバイト勤務。薄毛に気づいたのは18歳、専門学校生の時でした。

 

それまでは全く気にした事もありませんでしたが、ある日の講義で、前に座っていた女の子の頭頂部が薄いなと思った事がきっかけでした。

 

「自分は大丈夫なのかな?」

 

元々自分は髪が少ないとは思っていましたが、それから気になり合わせ鏡をしたところつむじの辺りから前髪にかけてかなり薄いのが気になりました。当時黒髪のベリーショートだった私はそれからというもの、毎朝合わせ鏡をしながら薄い頭頂部を隠すようにスタイリングをするようになりました。まだ若かったのでとても気になり、本当にコンプレックスになりました。

 

一番ショックだったのは社会人になってから、出勤時雨で少し髪が濡れてしまって軽く拭き喫煙室でゆっくりしていた所、背の高い40代の上司に「あれ?髪の毛やばくない?すっごい薄いよ!?」と驚かれた時でした。確かに髪が濡れてしまうととっても薄毛が目立ちます。

 

その頃もショートヘアでしたが、今度は髪を伸ばしてみようと思いました。でも髪を伸ばしたら今度は、結んだりする時に髪の毛が分かれてしまいまた薄毛が目立つようになりました。どんな美容師さんもこの悩みは解消してくれませんでした。

 

そして今度は黒髪をやめて金髪に近いカラーリングをしました。そしたらこれが意外と良くて、髪色が地肌に近いのであまり目立たなくなりました。髪はとても痛みましたが背に腹は代えられず、しばらく明るい髪色で過ごしあまり気にならなくなりました。

 

あとはファッションが好きだったので、帽子にハマりしばらく外出の時は夏でも帽子を被っていました。

 

数年後結婚し仕事を辞め、アルバイトに出ました。そのアルバイト先が黒髪でないとNGだったので、久しぶりに黒く染める事に。ついでに痛んで長くなっていた髪もまたショートヘアにしようと、友人に勧められた美容院へ行きました。

 

そこで素晴らしい美容師さんに出会う事が出来ました。その方は友人の友人なのですが、とても真面目で髪の毛に対する知識や仕事に対する向上心がしっかりとあって、今までに出会って来た美容師さんとは全く違う方でした。薄毛のお話も恥ずかしかったですが出来ました。

 

その方によると私の場合つむじが3つほどあり髪の毛の流れがとても重要で、ロングヘアはあまり向いていないとの事。毛の流れを読みながらトップを短めに切って頂き、きちんとスタイリングをする事で全く気にならなくなりました!。

 

寝る前はドライヤーでしっかりふわっとさせる事、朝のスタイリング時もくるくるドライヤーを使って簡単にふわっとさせてからスタイリングをする事、その際にスタイリング剤は根元付近のみで毛先には付けない事…色々な事を教わりました。

 

そして、お店で独自に開発しているシャンプーをなんとひと瓶丸々頂いて試した所、全く髪の毛がへたらないようになりました!。今ではそのシャンプーはかかせません。コンディショナーも不要です。

 

重要なのは、良い美容師さんに出会ってきちんと自分に合ったカットをして頂く事、シャンプーやスタイリング剤も自分に合ったもの、とにかく薄毛の人は髪をへたらせないように育てて行く事です。今では私の母も旦那も旦那のお姉さんも、同じ美容院に通っています(笑)。

 

若くして薄毛に悩んでいる方、頑張って良い美容師さんと出会って下さい!。私は今ではトップが濡れる事以外は、気にする事なく外出出来ています。濡れても平気でいられるような髪の毛を育てるためにも、早めの対処が必要だと思います。